スローフィッシング

【朝まづめ・夕まづめ 2 】

170611_eye

2017年6月15日
から numassan
4件のコメント

『清流の宝石』に魅せられた男たち

土手を下るところでGreen Cherokeeさん(以下、GCさん)が手を振ってくれるのが見えた。
やあやあ、こんにちは。
川原には香ばしい匂いが漂い「ビストロうお」営業中。
すっかりノンアルで出来上がった面々は、GCさん、ナシオさん、そしてうおさんだ。
勧められるままに腰を下ろし、牛スタミナ漬けとレバータレをツマミにノンアルで乾杯。
170611_Y01

170611_Y02_UO

撮影:うおさん

昼メシ抜きの胃袋に染み渡る一杯。
川を渡る風は涼しく、今日はこのままBBQしていたい心地よさだ。
続きはこちら↓
続きを読む →

170610_eye

2017年6月12日
から numassan
4件のコメント

逆転さよならヒャッホー!

釣れん…
3時間もやって、まだ4バラシw。

あああ、お手上げ。釣れません…

あああ、お手上げ。釣れません…

着水、中速リトリーブでたまに追ってくるハスが掛かってもフックオフ。
ドッカーン!も無い。
全くのお手上げ状態に水辺に腰を下ろして足を投げ出した。
ペットボトルのお茶を飲んで一服。
昼過ぎにTokkoさんが帰る際の一言、夕方にはドラマがあるかもしれませんよ…
の言葉が脳裏をよぎる。
続きはこちら↓

続きを読む →

170520_eyecatch

2017年5月23日
から numassan
2件のコメント

完敗の渓

新緑が美しい。
奥行きのある緑の濃淡、大好きな小渓流。

撮影:うおさん

撮影:うおさん

減水した流れからフライに出る飛沫はヤマメかタカハヤだったか…
反応少なく釣れない…
釣りとしては完敗。
こんな日もある、連敗しちゃったw。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017年5月1日
から numassan
6件のコメント

出遅れシーズン初イワナ

出遅れていた今シーズン、昨日に続き今日は渓流へ。
渓流沿いの樹々は芽吹き、ライトグリーンの濃淡で埋め尽くされ、遅咲きの桜も目に心地よい。
いつもの同行うおさんと着くと、すでに先行車が3台、後続車がまた1台やってきた。
すべてが釣りとは限らないが…
せっかくだからやることに決めた。

初の渓流釣行の私を気づかって、完全ガイド宣言のうおさん。
早目に釣果を出さないと申し訳ない。
反応はポツポツあり、先行者が叩き上がった気配はなく、クモの巣もあちらこちらにある。いけそうだ。

撮影:うおさん

撮影:うおさん

3すっぽ抜けの後の待望の1尾目は小型ヤマメ。
狭いポイントから#14カディスに飛びついてきた。
今シーズンの初モノが釣れるとやはりホッとする。

初モノのヤマメ

初モノのヤマメ

続きはこちら↓
続きを読む →

170429_ya02

2017年5月1日
から numassan
2件のコメント

春の天気は気まぐれだ

遅く目覚めてボーっとした頭に妻からのLINEが入った。
今日は柳瀬川で鮎放流イベントの日だった。
急いで会場(めっちゃ近所だが)へ。もう放流は終わっており、皆さんお片付け中。
埼玉南部漁協の年券を買うのは滑り込みセーフ、間に合った。
170429_ya01

毎年恒例のイベントだが、今回はお疲れ寝過ごし、やれやれ。
帰宅して昼食を食べ、早速今シーズン初の柳瀬川へ様子見に行くことにした。
続きはこちら↓
続きを読む →

170423_oikawa-net20

2017年4月26日
から numassan
4件のコメント

カラシナ満開の川でZaccoネット入魂

春なのに釣りに行けないのはつらい。
フライ巻いたり、SA DWF-2Fラインを買って、リールに巻いたり…

SA J STREAM DTT DWF-2F

SA J STREAM DTT DWF-2F

さらにAMIYAさんにお願いしていたZacco・ヤマメネットはとっくに届いており、じっと保管状態に…
もうジリジリしないわけが無い。

続きはこちら↓

続きを読む →

170320_cresson01

2017年4月11日
から numassan
2件のコメント

しゃきしゃきクレソン、春の味

3月中旬の昼過ぎのこと。
釣りに行けなくて仕方なくフライでも巻いておくかとタイイングしてたら、釣友のGreen Cherokeeさん(以下、GCさん)からお電話をいただいた。
今、我が家の前に来られているとのこと。
なんと、今日は身近な川に釣行されているハズ…
玄関を開けると、にっこりのGCさんが。
そして横にはひと抱えほどもあるビニール袋にびっしりのクレソンだ。

続きはこちら↓
続きを読む →

2017年4月10日
から numassan
6件のコメント

あのころ…1996年 Glacier740、680MG物語

1982年に発売された255MGから14年後の1996年に680MGが誕生したが、その前年にリリースされたのがGlacier(グレイシア) 740だった。

Glacier 740

Glacier 740

1994年12月26日デザイン図面完
1995年春 Glacier 740国内発売

続きはこちら↓
続きを読む →

左から、255MG,355MG,357MG,455MG

2017年3月30日
から numassan
8件のコメント

あのころ…1981年 255MG物語

1981年、255MGリールが誕生し15年近く生産・改良・サイズ追加・販売され、金型寿命を迎えて製造が終了した。
ロングセラーであり、北米・欧州をメインに8万台近く販売されたと記憶している。
255MG_01また自分自身がフライフィッシング(以下、FF)が好きで、この低番手用のリールを愛用できたこと、釣友が使っているのを拝見できることは、全くプロダクトデザイナー冥利に尽きる幸せなことと言える。
以下、開発に携わった者として記録しておきたい。

続きはこちら↓
続きを読む →

今もリビングに掛かるニジマスの剥製

2017年3月8日
から numassan
2件のコメント

あのころ…1992年(たぶん)遥かなる銀山湖

このところ鎖骨再骨折により釣行できない悶々とした日が続いている。
この機会に古〜い写真の断片を繋ぎつつ、あらたに撮影も加えて「あのころ」をぽつりぽつりと書いてみよう思った。
私のささやかな備忘録として。

奥只見湖、通称「銀山湖」へは8年近く毎年通った。
銀山湖は、福島県南会津郡檜枝岐村と新潟県魚沼市に跨る、阿賀野川水系只見川最上流部に建設されたダム湖である。

湖の流れだし付近に数軒あるボートハウスのおなじみの一軒「荒沢ヒュッテ」でビール片手に夕食を摂っていた時、玄関ががらりと開いて釣り師が二人帰ってきた。
もうあたりは真っ暗で、こんな時間まで粘っていたのかぁと見ると、
どさりと獲物を土間に置き、なにやら店主・佐藤さんに話しかけている。

おおお!でかい。
見事な50オーバーのサクラマスとイワナがストリンガーに掛けられて横たわっていた。
他のお客さんと一緒に箸をおいて見に行った。
ヒレはぴんぴんで体高があり、美しく妖艶なピンクがかった魚体、まだ生きていた。
興奮の二人はまくしたてている。
日が暮れかかった頃、ダムサイトぎりぎりでヒットしたとのこと。
このサクラマス、皆さんで刺身にして召し上がって下さいと言って腰を下ろした。
これだよ、これ。
僕が追いかけてるヤツは!

続きはこちら↓
続きを読む →

1986_Ashinoko FF_by S

2017年2月20日
から numassan
4件のコメント

あのころ…1986年

1986_Ashinoko FF_by S

モノクロームの一枚の写真。
写ルンです全盛のこの頃、あえてクオリティにこだわって撮ってくれた。
1986年(たぶん)の私、33歳。
芦ノ湖 湖尻のキャンプ場前のシャローでウェーディングしているところを友人のS氏に撮影してもらったものだ…もう30年以上も昔のことになってしまった。
続きはこちら↓
続きを読む →