Lovely Yamane

Lovely Yamane

晴天。
新緑の木々の上には青空、水は増水気味だがよく澄んでいる。
手を浸すと冷たくて、5秒もすると痛いほど。
さあ、今日はドライで叩き上がるぞと気持ちはぐんぐん上昇したのでした。

流れを見ていると、昨年のバラした岩陰反転流のシーンが蘇ってきた。
残念ながらそこにイワナはいなかった。
瀬には入っていないようで、全く沈黙状態。
そんなこんなで1時間近く、アタリすらない(^^;;


やっときたのは瀬脇の小さな緩流スポット。
オレンジのカーフテール・カディス#14に飛びついてきた。

この八寸ヤマメ、胸鰭横のパーマークの青味がひときわ鮮やかなヒレピン。
綺麗な個体に気を良くしてお茶で喉を潤し一服が美味しい。

フライをマシュマロ・カーフテール#16に交換。
これに続いてまたヤマメ。八寸弱ながら美バディな子。

 

ぼちぼち…って思った頃、やっと7寸ほどのイワナ。
だんだんサイズダウンだが気分は悪くない。
んが、撮影前に逃亡されイワナの写真は幻となっちゃいました。
今日はどうもそういう事らしい。

潔く早めの納竿。
最近は諦めが早いというか、執着がなくなってきたというか、すぐ満足してさっさと撤収なんです。

今日はヤマメの日。
パーマークの青味がひときわ鮮やだったなぁ〜

今日もありがとう。
Lovely Yamane ♡