Memories

心に残るFFシーン、しびれた「あの1尾」たちを集めてみた。

●2016年7月17日
釣友のうおさんとヤマメ釣りへ。
前方の水面を凝視する私を背後から切り取ってくださった。左の大岩にはイワタバコの花が、なんとも良い感じ!何度も一緒に渓流FFを愉しんだ釣友うおさん。みるみる腕を上げ新規開拓に余念が無い彼だが、優しく脳みその回転の速さにいつも驚かされるのだ。
投稿記事はこちら→

 

●2016年4月3日
一本の満開の桜の下でのヌマムツ釣りに興じた後は、一同「お楽しみ野草Bar」へ。
mattさんのヌマムツへの愛着、野草大好きのGreen Cherokeeさんのパワー全開だった至福の一日。
投稿記事はこちら→

 

●2015年7月20日
Home riverで念願の初「婚姻色オイカワ」。14cmに満たないサイズだったがさすがにキビキビと引き、ドキドキさせてくれた。以降、毎年夏にはこの美しい清流の宝石に対面するのが愉しみである。
投稿記事はこちら→

 

●2015年6月13日
これまで頭の片隅にもなかったのがハスだ。Zacco専門の釣友Mattさんに導かれその面白さを体験させていただいた。こいつが#18 CDCダンを喰った瞬間の映像が目に焼き付いている。ブルーヘロン ST #1の引き味は最高だった。
投稿記事はこちら→

 

●2015年1月12日
Ku川へ向かう途中。川沿いを歩いていると水面にはコガモ、マガモが群れており、私の接近に驚き飛び立った瞬間をパチリ。空を映しこんだ青い水面上を飛ぶ鳥がなんともいい感じ!
投稿記事はこちら→

 

●2014年12月20日
2014年末、もう一本の我がHome riverとなるKu川デビュー。
と同時にかけがえのない釣友を授かった。この川をこよなく愛するGreen Cherokeeさん、ナシオさんだ。以降、このお二人とはあの川この川へと出かけ愉しいZFFを共に過ごしている。
投稿記事はこちら→

 

●2014年12月13日
「タン、タン、タン、タン……!」2ストらしい勇ましい音をたて、ベスパに乗ったGran LussoさんがHome riverに登場。愉しいオイカワFFの時間を過ごした。
投稿記事はこちら→
彼のブログ「日々オイカワ」が大好きで何度も何度も読み返させていただいた。
なんと瑞々しい、透明な空気感! このブログは私の心をとらえ、そしてオイカワファンになった。
ブログ 日々オイカワ「空飛ぶオイカワ」はこちら→

ブログ「日々オイカワ」より「空飛ぶオイカワ」画像をお借りしました。

 

●2014年11月29日
この日地元の川にZaccoフリークたちが集い、晩秋の湧き水の川でオイカワFFを愉しんだ。
こんな身近な川でFFが愉しめるなんて、なんとも素晴らしい環境に我ながら驚くとともに教えてくださった釣友の皆様には改めて大感謝。以降この川は我がHome riverとなり周年ZFFを愉しんでいる。
投稿記事はこちら→

 

●2014年11月15日
Blue Heron numa Zacco Special ST 771-6 入魂釣行。実質的なZacco(オイカワ)FFデビュー。
ひなびたH川で釣友達に見守られて新調のBlue Heronロッドを振った。初めての#1ラインってうまく飛びませんw、でもなんとか1尾。
ほっとしつつ夕方までずっと愉しい時間を過ごした。私の釣り人生観が大きく変わった一日となった。
投稿記事はこちら→

撮影:カチーフさん

 

●2014年8月6日
夏休み、ペンション「風来坊」のオーナーSさんと釣行。開豁な山地渓流でニッコウイワナと遊んだ。
この写真はSさんが対岸から撮影してくださったもの、感謝です。もう二度と行けないだろうな…
投稿記事はこちら→

 

●2014年6月27日
『フライの雑誌』でバンブーロッドの広告を見て安中市のプロショップ「アンクルサム」へ、そして白戸バンブー7’2″を購入。
その入魂釣行でいきなり9寸ヤマメ、尺ヤマメを釣った。このバンブーのおかげです!
投稿記事はこちら→

 

●2013年4月11日
買っちゃったScott G2 843。入魂釣行は忍野へ。
会心の一発がこのブルックだった。

 

●2012年9月26日
禁漁直前の千曲川釣行で釣ったヤマメ。一瞬ぎょっとするほど黒い魚体、野性味あふれる厳つい顔、しびれた。
こんな人相いや魚相のヤマメは初めてだ。

 

●2011年9月7日
牡鹿川にて。眼前のこの碧い流れに魅せられた!
なんと美しいGreen…

 

●2011年5月26日
鬼怒川にて。今し方イワナをバラして意気消沈、心が折れた図。
思い出しても悔しい…

 

●2009年9月19日
この年は忍野の年券を買って通っていた。この通称S字と呼ばれるポイントは大好きで、イブニングは実に愉しかった。
古い釣友のN氏が日が暮れかかった川面に熱中している私を切り取ってくださった。
中央の張り出した木はバッサリ伐られ、今はもうこの面影はない。

 

●2007年5月3日
息子のFFデビュー。オヤジが大好きなフライフィッシングをやってみないかと誘うと気持ちよく付き合ってくれた。
先ずはロッドの握り方、キャスティング、フライの流し方などレクチャーして勝手にやってもらった。
なかなか初物に出会えなかったがとうとうやってくれた。
実にいい顔してる!シャッターを押すお父さんもうれしかったよ!

 

●2003年5月23日
養沢川にてニッコウイワナを釣った。たまたま買ったばかりのデジカメを持参しており、偶然撮影できた。
この一枚がきっかけで以降デジカメを持参の釣行が習慣化。ちなみに養沢川でイワナは放流しておらず、この個体はネイティブか?
以後、この川でニッコウイワナを目にしたことはない。

 

●1986年
1986年(たぶん)のnumassan。
芦ノ湖 湖尻のキャンプ場前のシャローでウェーディングしているところを友人のS氏(故人)に撮影してもらったものだ。
もう30年以上も昔のことになってしまった…
投稿記事はこちら→