スローフィッシング

【朝まづめ・夕まづめ 2 】

190113_eye
190113_eye

新春の釣り③ Last Hope!

| 2件のコメント

めっちゃキャスト上手の小学生Rくん、釣友のGreen Cherokeeさん(以下、GCさん)と過ごした一日。
真冬になるとこのKu川もさすがに厳しい。晴天ながら強い北風。
前回反応が多かったポイントに着くと、小柄な少年が頑張っていた。
話しかけると、なんと小4。
小学生!?
しっかりヒップウェーダーを履いて、ワンショルダーバッグをかけて決まっているじゃありませんか。
そして、キャストはめっちゃ上手い。
#7ロッドはお年玉で買ったそうで、ビュンビュン振る。
しばらく立ち話の後、おじさんも川に入った。
190113_Ku01おじさんの竿使ってみてよ。
AMIYA印の唐竹7ft、ラインはバリオDT2F、フライはミッジパラ#22を渡すと、嬉々として振り出した。
190113_Ku02上手い!
北風に向かっているのでやりづらいだろうに、きれいにターンさせている。
近所なのでチャリでよく来るらしい(よく来る私も初対面だったが)
見よう見まねで覚えたそうだが、すごい小学生もいるものだ。
残念ながらオイカワがいない。
なんとか1尾だけでも釣らせたかったなぁ…。

ここを見切り、二人で上流へ移動。
おじさんも良いとこ見せたかったが、こちらも無反応。
さっぱり出ないね〜とぼやいていると、橋上にGCさん登場(笑)
特にお知らせしていた訳ではない、やっぱり好きだね〜
GCさんはR少年を小2の頃から知っているらしい。
さすがこのKu川に精通しているGCさん、気さくに話しかけるお人柄なので釣り少年達との面識も多い。

GCさんと三人してぶらぶらと拾い釣りが続く。

果敢に攻めるGCさんとR少年の図

果敢に攻めるGCさんとR少年の図

さっぱり釣れない。
R少年も飽きてきたか川辺の朝顔の種を拾い集めたり…
私とGCさん、なんとか1尾だけでもと粘りつつずいぶん遡上したが、やっぱりダメ。
あああ、もう日もすっかり傾いた。
190113_Ku04オイカワいないね。
もう上がろうって川辺を引き返し、入渓点の橋のたもとでR少年を見送った。
そしてバイクまで来た時、あああ、ライズしてる〜とGCさん。
見ると夕闇の中、静かにライズリングがいくつも…
フライはまだ結んだままだしぃ、最後にやってみましょうか!
ス◯ベ根性丸出し、二人して土手を下った。
数分後、左右に分かれた二人のロッドがほぼ同時に撓った。
なんとダブルヒット!
こんなにあっけなく釣れるなんて。
今日一日歩き回ったのはなんだったのぉぉぉ(笑)
少しでも光量がある下で撮影しようとネットを水草に乗せたがやはり暗すぎ。
GCさんのデジカメのストロボを点灯していただいてやっとiPhoneで撮影したのがこの一枚。

画像は少し補正をかけています!

画像は少し補正をかけています!

二人してボーズ逃れ達成。
街灯に浮かぶ釣友のシルエットはなんとも満ち足りていたことは言うまでもない。
終わりよければすべてよし、逆転満塁ホームランですな。
190113_Ku06

帰宅後、GCさんにおすそ分けでいただいたクレソン。
このシャキシャキ感を味わおう、その前に先ずは一風呂浴びたい。
190113_Ku07

2件のコメント

  1. Green Cherokeeさん、こんにちは
    近所の川釣りは全く人間交差点。いろいろな方との出会いにあふれていますね。物おじしないR少年の雰囲気から、我らが釣友の方々と面識があるはずと思っていました。幼いながらも実によく大人の言動をみているなと改めて感じました。釣りに親しみ、川を見る目を養って、しっかり勉学に励み成長する姿を楽しみにしたいと思いました。

  2. numassan(さん)、おはようございます。
    まさに逆転満塁ホームラン的なダブルヒットでしたね。限定的に真冬のあの時間帯からライズが始まるなんて・・・長年ZFFをしているのに全く気が付きませんでした。真冬の『ボ』逃れには夜釣り・・・ですかね!? (^^ゞ
    RくんにZFFで最初の一尾を経験させてあげたのはナシオさんです。あれがきっかけだったのでしょう。釣りが好きになり、メキメキと上達し、しかも小5になって大人と上手にコミュニケーションが取れる少年に成長しました。我らがHome River沿いに住んでいて、常に川を眺めながら成長しているので、川のちょっとした変化にも敏感。きっと素敵なRiver Keeperになってくれることでしょう!!
    クレソン、美味しく愉しんで頂けて嬉しいです。まだまだ食べきれない程生えていますので、たくさん愉しみましょう!!

コメントを残す

必須欄は * がついています