スローフィッシング

【朝まづめ・夕まづめ 2 】

0714_eye
0714_eye

究極の安近短ZFF

| 2件のコメント

7/14、所用あり帰宅したのが17時。
玄関出入りの際には必ず確認する眼下のY川カーブのプール。今日もポツリポツリとライズが見えた。
日没までまだ時間があるし、ちょこっと行ってみるか!

あまりにも目と鼻の先すぎて、これまで遠慮していたのだが…
そこは親しくしている友人宅の真下、家内からは恥ずかしいからやめて!と笑いながら言われていたが、釣りの助平根性が「一回はやっておかなくちゃ!案外いいかも」と囁く。

10分後には玄関前でウェーダー履いて、AMIYA 真竹バンブー 6ftを繋ぎ、#1ラインを通していた。
徒歩1分下流の勝手知ったる橋横から川に下りた。
180714_Ymatsud01続きはこちら↓

実はここも湧き水ポイントなのだが、水量は思いのほか少な目。
#20パラで叩いてみるが、うんともすんとも…
50mほど叩き上がり、自宅が見える地点、前述のカーブ地点なのだがライズが消えてる…

時たま雨のようなオイカワライズが見られたプールが沈黙。昨年までは見られなかったコンクリートブロックが川底を覆っており、その陰に隠れたか。
無反応に諦めて、入渓点に戻った。

上流側から入渓点を見る

上流側から入渓点を見る

橋手前の浅いプールにライズリング発見。ダウンクロスで#20パラをプレゼンすると即バイト。
小ぶりのカワムツだ。
0714_Ymatsud03この緩浅いポイントなら、カワムツだろう。
まだライズは消えずに出ているので、その直前に再度流すとバシャ!
ひときわ派手な飛沫とともに強い引き。真竹バンブーがギュンと撓って面白い。
ここでこんなに愉しめるとは♪
0714_Ymatsud04胸がピンク色、ヒレ黄色、追星にうっすら婚姻色が出た良型カワムツ、色っぽい!いやダンディだ。

これに気を良くして、一気に橋下へ。
0714_Ymatsud10
0714_Ymatsud05この橋を渡る際には必ずチラ見する瀬尻に初めてフライを投げる!
軽い感動を覚えた。
0714_Ymatsud07
0714_Ymatsud08すぐにオイカワ連発。
やっぱりこの瀬尻には着いてた。
一応4尾、もう十分。
Zaccoがいてくれたことに安堵。

この住宅地が両岸に続くY川上流エリアは、まだZacco FFを始める以前には散歩コースだった。
川岸で一服しながら眼下のライズをよく見たものだ。
さらに下流にはライズがポコポコの瀬があることも知っている。
気が向いたらやってみるのもいいな。

2件のコメント

  1. numassan(さん)、こんにちは。
    貴宅にお邪魔させて頂く度に、目の前の川のライズを探しながら一服するヒトトキを愉しみにしています♪
    『究極の安近短ZFF』とうとう実現されたのですね!! 自宅からロッド繋いだまま、わずか1分後にはフライを投じることができる環境、超羨ましいです!! 是非とも四季を通じてレポート頂きたいです♪

    • Green Cherokeeさん、こんにちは。
      かつては近所の子どもたちの水遊びの場だったらしい我が家前の淵は、川岸からダイビングする絶好のポイントだったそうです。その後川の汚染が進み30年前にはドブ川との汚名を受け、その後再生。
      今では毎年自宅窓にはガガンボやカゲロウの亜成虫も飛来してきます。水質が戻ってきたようですね、湧き水のおかげで周年ライズが見られます。
      窓を開け放っている季節には水音が心地よく聞こえてきます。川のおかげで涼しくもあります。
      歩行者にご迷惑をおかけする心配はほぼありませんが、この癒しの川でロッドを振るのはまだちょっぴり勇気がいりそうです(笑)
      バイクでちょっと走ればポイントはいくらでもありますが、たまには超安近短もいいかなぁ

コメントを残す

必須欄は * がついています