スローフィッシング

【朝まづめ・夕まづめ 2 】

180710_eye2
180710_eye2

Numassan Special II 7’6” 極夏入魂

| 4件のコメント

7/10、仕事の都合がよく、平日ながら休みが取れたので急きょあの川へ出撃とした。
さらにはAMIYAさんから新たなバンブーが届いており、その銘も
Zacco Fun Rod 大名竹 Numassan Special II 7’6” #1(以下、Nu Special II)。
Nu Special と銘を入れてくださったとあっては、極夏オイカワで入魂して御返礼せねば。

現地近くのコンビニにて、ドリンク調達。
そして祝杯用(たぶん 笑)に七賢『天鵞絨(ビロード)の味』も忘れず購入。
実はこの七賢情報はmattさんから仕入れておいたもの。今回は忘れず速攻購入。
これで心置きなく釣りに専念できるというものです、きっと釣れるハズ!ハイ。
180710_UN01続きはこちら↓
180710_UN02青空に夏雲だが、天気予報では夕方にかけて下り坂、雷雨の恐れあり。
今はただただ暑く、ライズなんかほとんど無し。
本流筋も上流域も鮎師がびっしり、これは想定内。

通称シャローへ向かうと一人ロッドを振るトッキーさん(ニゴイ狙いとのこと)が見えた。
この真昼間はもう全然ダメらしい。
なるほど、ドライには見向きもされず早々にWetに交換。
しかし、ポツリポツリと当たるのはレギュラーオイカワのみ。

先ずは、オイカワで仮入魂ね!

先ずは、オイカワで仮入魂ね!

やっときた!銀刀。
メスハスかと思いきや、これがウグイ。

向こうに見えるのがトッキーさん

向こうに見えるのがトッキーさん

風の影響もありDT#1がシャキッと飛ばない。そこでDT2Fに交換、これでよしと。
その後は若干活性アップの時間帯。
180710_UN05水深20cmくらいの浅い流れでビシャ、今度こそハス!…
しかし寄せに入ったところで、フックアウト、残念、メスハスでした。
そんなことが続きハス3バラシ達成。
それにしても夏色オイカワが全く釣れない、おかしい!?
虚しく時間が過ぎていった…
もう今日はダメってことらしい。

 

苦戦らしいトッキーさんに撤収を告げて車に戻ってみると、上流域の鮎師達の姿は皆無。
ガラガラの川を見てるとひょっとして…、助平根性がムクムクっと。
で、最後にちょろっとやってみることに。
180710_UN07ここもあれほどいた良型オイカワが少ない。
産卵で忙しいのか、アユに追いやられて逃げたのか?
2尾のレギュラーオイカワを追加。(夏色でませんね)

180710_UN12ハスが数尾視界に入ったのでそのレーンにフライを送り込む。
しつこくやって遂に飛沫!
強い引きにこれはハスだと確信。
しかし寄せてきて、赤いヒレ先が見えた、オイカワそれも極夏。
AMIYA印アントラーネットに掬い上げたら2回も跳ねて飛び出し、やっとネットイン。
コンディション良好の極夏。やっときた!
180710_UN09計測すると169。
見事な体高、ヒレも完璧、美しい。
別アングルでもう一枚。
180710_UN11
やはり釣師は助平に限る。
これにて今日のミッション達成!
無事にNu Special IIに極夏入魂ができた。AMIYAさん、7’6”ありがとうございました。
まだイケる時間帯だがきっぱり撤収。ああ気分爽快!

 

<AMIYA Zacco Fun Rod 大名竹 Numassan Special II 7’6” #1 5pcs (以下、Nu Special II)インプレ>
前回の6/12にこの川に釣行した後、AMIYAさんにレポをお送りしたら、それを受けて早速にもこのフィールド用のZacco専用バンブーを製作し送ってくださった。
AMIYA Zacco Fun Rod 大名竹 Numassan Special II_180702
AMIYA Zacco Fun Rod 大名竹 Numassan Special II私の場合、ここでは#2ラインを多用している。
何しろ広々で15m先のライズ狙いというシーンや本流で長いレーンをトレースすることが多い。そして風強い。
繊細なプレゼンテーションも必要だが飛距離が欲しいとなるのは仕方ない。
Nu Special IIはバンブーらしいスローアクション。
ゆったりとライズ狙いで振る分には楽しめるが、やはりドライ向き。
掛けてからはすこぶる愉しいのだが。
しかし、多用するWetフライを手返しよくキャストしてスイングさせたり、高速リトリーブする釣法にはどうもしっくりこない気がする。
やはり#2ラインをシャキッとコントロール、が良い。
以上、これはあくまで私見ですが。
(AMIYAさん、失礼を承知で率直に感想を書いております。気分を害されたなら深くお詫びします)

 

<オマケ>
Nu Special IIへの入魂祝いはもちろん前述の七賢『天鵞絨の味』。
帰宅してして即冷蔵庫で冷やし(mattさんの指令にて)、ゆっくり一風呂浴びて夕食。
先ずは一杯。
180710_UN13ツマミは、きゅうりの梅肉和えとひじきの白和え。
ああ極楽…
豊潤にしてまろやかな味わいを堪能。こりゃ爆睡だな。

4件のコメント

  1. ご使用いただき,おおきに!!
    引き味を大事にしたAMIYA FunRodですから,キャストは弱いと思います。
    ごめんなさい。

    • AMIYAさん、こんばんは。
      Nu Special IIは良い竿だと思っております。ただこういうフィールドでの釣り方ですと、#3,#4とButtはもう少し張りがあった方が良いと思います。飛距離も伸びると思うのです。
      是非とも#2用の7’6″ ミディアム気味アクションをご検討ください。

  2. numassan(さん)、こんにちは。
    極夏入魂を七賢で祝う・・・ これ、最高過ぎますね!!
    素晴らしき助平根性の賜物ですね!! おめでとうございます!!

    • Green Cherokeeさん、こんばんは。
      釣行後の一杯は毎度格別、いいサカナに出会えた日はとりわけ気分上々ですよね。
      ビールと焼酎を愛飲してきましたが、最近は時折日本酒を冷やしてやってます。多くやるほどではなく風呂上がりに気分良く口に含んで愉しむって感じ、この七賢 天鵞絨の味はほんとウマウマ。少しずつ 日本酒の幅を広げてみたい今日この頃です。

コメントを残す

必須欄は * がついています