スローフィッシング

【朝まづめ・夕まづめ 2 】

180218_eye
180218_eye

AMIYA ZaccoRod Madake Prototype その2

| 6件のコメント

いつもの身近な川。
静かに川岸を降り立って、先ほどから美味しそうな流れにミッジを送り込んでいるが一向に反応がない。
始めてから一時間、かつてはぽこぽこだったポイントもカスリもしないのだ。
180218_AMI01ああ〜と空を見上げたら、視線の下にフライマンが見えた。
川岸をゆっくり遡って来られるのはGreen Cherokeeさん(以下、GCさん)だった。
続きはこちら↓

実は先着されていることは知っていたのだが、上流へ向かわれたものか下って行かれたものか?
探したが見つからなかったのだ。
とにかく合流できて良かった。
早速AMIYA 真竹ロッド7ft DT2Fラインを振っていただいた。
これはいいキャストフィーリングですねとの弁。

AMIYA真竹ロッドの感触を試すGCさん

AMIYA真竹ロッドの感触を試すGCさん

横で拝見していた私も、Zaccoから小渓流にもピッタリだなと思った。

GCさんに状況をお伺いすると、一通り探ったが今日は超激渋で極小オイカワ2尾のみとのこと。
ここもさっぱりですとお伝えしたら、じゃその極小オイカワポイントへご案内しましょうとのこと。

途中クレソンを採取されつつ着いた先は、護岸沿いの実に味気ない流れ…
あの左岸コンクリの切れ目からスリット5本目あたりで、ほんの狭い範囲内だけでアタリがあるらしい。
手前から探ってみた。
フライはビーズヘッドのグリフィスズナット#24。
コイツで反応なきゃいないだろう。(絶大な信頼感!)
ワンキャスト毎に少しだけ前進。
数投目、岸際に落としたフライがラインに引きずられて1mほど中央に寄ったところでコツン!
軽く合わせると飛沫が上がりヒット。
きた!
やっと待望のオイカワ。
バレるなよと念じつつ寄せて掬った。
極小どころかまずまずサイズ、もう十分でしょう。
水辺にて貴重なオイカワを撮影するところをGCさんが切り取ってくださった。
180218_AMI02_GCそして、アップ写真がこちら。
180218_AMI03別アングルでもう一枚。
180218_AMI04AMIYA真竹ロッドとAMIYAネットに横たわる綺麗なオイカワ。
そして背後からアドバイスを送ってくれたGCさんとオイカワのツーショット!

黄金に輝くオイカワと向こうのGCさん、お気に入りの一枚

黄金に輝くオイカワと向こうのGCさん、お気に入りの一枚

全くこの川を熟知するGCさんのおかげだった。
さりげなくスルーしそうなポイントでの貴重な1尾、さらに、先ほどのクレソンをたっぷりお裾分けにいただいた。
重ね重ねありがとうございました。

さて次なる望みをかけて、目ぼしいポイントを探りながら、大好きな湧き水と野バラのあたりへ移動しよう。
しかし、途中で探ったかつての鉄板ポイントはどこも見る影なし、みんなどこ行っちゃったんだ?
結局追加はならず。

極寒の季節は湧き水の川とてオイカワの活性を削ぐのか、はたまたどこか安全な底石の陰にでも潜んで春を待っているのか。
北風の吹き渡る川、二人のフライマンの佇む風景写真のみ掲載しておこう。

侘びの情緒が漂うGCさんのいる風景

侘びの情緒が漂うGCさんのいる風景

しつこく攻めるnumassan(笑)

しつこく攻めるnumassan(笑) 撮影:GCさん

賞味三時間足らずの釣行終了、春に期待だ!

<オマケ>
帰宅してGCさんにいただいたクレソンを水洗い。
180218_AMI09一風呂浴びている間に妻がベーコン炒めにしてくれた。
二人でつまみながら湧き水の恵みを賞味。ビールが旨い
ああ極楽極楽!
180218_AMI10

6件のコメント

  1. 試していただき、おおきに!! 2番ラインがあっていましたか。
    Zacco専用としては、もう少し細めがいいようですね。

    • AMIYAさん、こんにちは。
      今回もDT2Fでやってみました。素振りして、ああこれは#2が良いだろうと勝手に判断してやっておりますが、次回には#1ラインもやってみようと思っております。たぶん#2の方がラインの乗った感じがちょうど良いんじゃないかと思います。もう少し弱くなれば#1の出番かと。あと、グリップはもう少し長い方が手の収まりが良いですね。リールシートのウッドフィラー部は若干細いですかね、直径であと2mm程度?太いと各種リールにフィットしやすいかと思いました。

  2. numassan(さん)、こんにちは。先日は愉しいヒトトキをご一緒させて頂き、ありがとうございました!!
    超激渋の我らがHome River、『いったいどうなっちゃったの・・・?』、って感じですよね。野鳥に詳しい方によれば、カワウの数も少ないとのこと。安全な底石の影でひしめき合っているのなら良いのですが・・・ 
    そんな中で貴重な一尾、お見事でした!! AMIYA真竹ロッドで釣る瞬間を見ることができて、本当に良かったです。AMIYAさんも喜ばれますね!!
    クレソンも美味しくご賞味頂けて嬉しいです。売っているクレソンよりも肉厚で味も濃くて、炒めても茹でても最高です。ご覧頂きました通り、湧水の真下に生えていますので水質も安心です。お互いに積極的に利用しましょう!!

    • Green Cherokeeさん、こんにちは。
      クレソンのお土産、ありがとうございました。これはいけますね!これからは、私も自然の恵みをいただきたくなりました。
      それと、AMIYA真竹ロッドの試釣もありがとうございました。真竹の撓り、粘り感覚は味がありますよね。盛期の良型極夏オイカワをこれで釣るのが今から楽しみです、GCさんにも是非お試しいただきたいと楽しみにしております。

  3. 厚切りベーコンとクレソン、お酒が進みそうですね。
    本文よりこちらが気になりました。(^O^)

    オイカワも、良いコンディションですね。
    矢張、綺麗な水だと、魚の色も綺麗なのですね。
    こちらのオイカワは、水の色に近くなります。

    • kumaさん
      クレソンに厚切ベーコン、ほんと美味しかったです。まさに期待値以上!
      GCさんがクレソン摘みする気持ちがよくわかりました。
      水きれいでしょ、もう一本の川もいいんです。ご案内できる日を楽しみにしております。

コメントを残す

必須欄は * がついています