スローフィッシング

【朝まづめ・夕まづめ 2 】

180212_ami_eye
180212_ami_eye

AMIYA ZaccoRod Madake #1-2 7ft Prototype

| 8件のコメント

2月12日厳寒のこの時期、真竹ロッドの試釣に行ってきた。
このバンブーロッドを製作されたのは、奈良県在住のIさん。通称AMIYAさん。
ブログ「AMIYAの作業部屋」もご覧ください。

これまで、Zacco FF用にランディングネットを3本お世話になっており、情報交換などfbでもお付き合いさせていただいている。
2017年からは遂にバンブーロッド製作も始められたそうで、しかもほんの数ヶ月で10本超えとは、そのモノづくりにかける熱意には驚かされるとともに敬意を表したい。
製作No.は私には不明だが、正月明けの22日に真竹ロッド#1-2のプロトタイプを使ってみてほしいと送ってくださった。

AMIYA ZaccoRod Madake #1-2 7ft Prototype

AMIYA ZaccoRod Madake #1-2 7ft Prototype

続きはこちら↓

7ft の5本継。
繋いでみると、おや…フェルールのオスメスが逆?
それにワインコルクの連結グリップなどAMIYAさんのアイデアと拘りが随所に見られた。
ロッドも色々あると思うが、以前にカーボンロッドをなんちゃって自作したことがあったが、それとてメーカー加工されたブランクスがあったから楽ちんだった。
バンブーロッドを独学で素材の真竹を割るところから加工・組み上げることなど、場所と機材と時間、そして意欲がないことには到底不可能。
ランディングネットを相当製作されたAMIYAさんには、その辺の用意周到な準備と思いがあったから実現できたのであろう。
いずれにせよ天晴れ!という他ない。
180212_ami02
さて前置きが長くなったが、以下試釣の感想をあくまで私的な意見ですが…
5本のピースを繋いで軽く振ると、比較的軽くバンブー特有の粘りある曲がり具合。
私の白戸バンブー(トンキンケーンの#2-3)に比べると一層しなやかで繊細だがグニャグニャではない。
やや先調子気味のスローアクションにDT2Fラインを乗せ、ゆっくり振るとラインのノリが感じられ、実にスムーズに飛んでいく!
これはイケるぞって感じ。
川でのZacco FFの場合は比較的 近距離がメイン、この真竹ロッドはゆったり楽しむには上々の竿だと思われた。
バンブーロッド製作数本にしてこの出来映えはすごいと思う。

ティペットは8X、ミッジパラシュート#22が5m先の岸際緩流上を漂い、7cmくらいのチビオイカワが盛んに突っつくが乗らない。
先ずは1尾をと#24ビーズヘッド グリフィスズナットに交換するとすぐにかかった。
これでは引き味うんぬんどころではないが、一応入魂である。
AMIYAネットで掬い上げて記念撮影。

小さくても、一応入魂である

小さくても、一応入魂である(ネット網もAMIYA製です)

直後に同サイズを追加。
この時、背後からお声掛けいただいた。
お久しぶり!NORIさん登場。
入手されたマーキスリールの入魂に来られたそうで、ウキウキ感が伝わってきた。
渋いけど頑張ろー!
先ずは、真竹バンブーをお試しいただいた。

真竹バンブーを振るNORIさん

真竹バンブーを振るNORIさん

それから眩しい西日に向かいつつ二人で釣り上がった。
今日のNORIさんは気合いが違いました。
見事良型オイカワをゲット、マーキス入魂おめでとうございます。
180212_ami05
私もいま少しサイズアップをと、ドライミッジに再交換。
しかしその後の釣果は散々で終了、川から上がった。

撮影:NORIさん

撮影:NORIさん

撤収前に、二人の入魂アイテムを並べて撮影した。
180212_ami06
以下、この試釣で明確になったバンブーロッドの気づき点。
180212_amiya madake02

身の程をわきまえずに失礼ながら、
・竿の継ぎ目が抜けやすく、フェルールの改良が必須
・グリップ、リールシートまわりの仕様・仕上げ
・ラッピングとコーティング
これらの項目は、個人的感想というか好みの問題もあるが、率直にAMIYAさんにお伝えした。
すると即座に製作途上のロッドに改良工夫を加えるとのご回答をいただいた。

少しでもAMIYAさんのロッド製作のお役に立てれば幸いだが、僭越なこと甚だしいとも思う。
人様が丹念に作り上げたモノにあーだこーだと批評を加えるほど私は偉くないし、知識もない。
勝手なこと言い放題、誠に申し訳ございませんでした。
この場を借りて、その点お詫び申し上げます。

その後も前出のブログ「AMIYAの作業部屋」には続々と新作バンブーロッドの製作レポが掲載されています。
どんどん改良され精度を上げて、やがてあっと驚くようなZacco専用ロッドが登場することを期待。
Iさんの飽くなき向上心にエールを送りたい。

 

8件のコメント

  1. 真竹ロッドは、トンキンケンに比べると軽くなりますから、降りやすいですよね。
    コルクグリップは、良いアイディアだと思いました。
    ものの評価は、作りてからすると、ありがたいものです。
    僕も、色々と師匠達から教えてもらっているので解りますね。
    それにしても、綺麗な河川での釣りが羨ましいです。

    • kumaさん、こんにちは。
      オイカワ釣りを始めた頃は、実はトンキンケーンの#2-3ロッドにDT#2のラインを乗せてやっておりました。
      これだとオーバーパワーで秋冬のチビオイカワがどんどんすっ飛んでいました。
      その後、どんどん柔らかい弱いロッド志向になり、現在は盛期は#1-2、冬期は#0-1ロッドって感じです。
      しかし、この番手指定も某大手メーカーのロッドの場合、1〜2レベル強いかなって思います。
      同じ#1でもブルーヘロンのロッドだとかなり柔らかくて、面白い釣りになります。
      いずれにせよ、真竹の方がオイカワ素材としては分があるかと思いました。

  2. いろいろ無理を言ってすんません。
    フェルールは,市販の真鍮製フェルールをイメージしたのでトップに付けてしまいました。
    しかし,考えてみれば折れたカーボンロッドを切って作ったスリーブフェルールですから、テーパーが逆になっているんですね。
    numassanにご指摘していただいて,「なるほど,そらあかんわ」と思いました。
    なお一層精進いたします。

    • AMIYAさん
      いろいろと言いたい放題させていただいております。至らぬ点はどうぞご容赦願います。
      各細部のことは個人的好みもありますが、ブランクの仕上がり具合は素人目にもすごいなぁと思います。失礼ながら数本目の出来とは到底思えません、今後の製作もとても楽しみにしております。頑張ってくださいませ!

  3. numassan(さん)、こんにちは。
    ご入魂おめでとうございます!! 真竹のZacco専用バンブー、素敵です!!
    ちなみに、フランス表記の意味をネットで調べてみました。mis en bouteille au chateau=シャトー元詰め、という意味らしいです~♪
    我がジョニー印・愛竿バンブーも最初は抜けやすいな・・・と思いましたが、私が思った以上にグッと突っ込んで良いみたいでした。更に、ジョニーさんお手製の”魔法の薬”みたいなものを塗ると更にしっくりとしました。
    AMIYAさんの、『飽くなき向上心』、にエールですね!!

    • Green Cherokeeさん、こんばんは。
      コルクの焼印はシャトー元詰めってことですか、お酒のお好きなIさんだそうだから、飲み溜めてたってことですね。このグリップ、気持ち太めが好きな私には心地よい握り具合でした。
      遊び心のある真竹竿ですが、竹を割いてテーパー状に削って張り合わせる…気が遠くなりますね〜、すごいことです。ものすごいペースで製作が進んでいるAMIYAさん、丹精込めた作品を使わせていただき、ありがとうございます!改めて御礼申し上げます。

  4. 先日はお疲れ様でした。
    バンブーロッドは想像以上に軽く
    また、しなやか曲がることに驚きました!

    また、よろしくお願いします(^^)

    • NORIさん、こんばんは。
      ご一緒させていただきありがとうございました。
      せっかくこの真竹ロッドを振っていただきましたが、超激渋でヒットにつながらず残念でしたね。これに懲りずにまた振ってくださいな。フェルール部もその後補修を加えたらバッチリ直り、次回は存分にお楽しみいただけることと思います。
      またよろしくお願いします!

コメントを残す

必須欄は * がついています