スローフィッシング

【朝まづめ・夕まづめ 2 】

170618_NonAL_rod
170618_NonAL_rod

驟雨に想いが叶う、そして四葉のクローバー

| 2件のコメント

曇天の午後、さみだれ集合した面々は7名。川辺のBBQコンロを囲んで今回もビストロうお開店。
最後に来着したのはGreen Cherokeeさん(以下、GCさん)とGran Lussoさん(以下、GLさん)。
ノンアルで乾杯の後、焼肉をつまみにしばし皆さんと歓談。

撮影:うおさん

撮影:うおさん

撮影:うおさん

撮影:うおさん

そして椅子にもたれて寛ぐGLさんの図。
170618_Y02さて、雨雲レーダーによればそろそろ雨粒が落ちてくる時刻。
このところオイカワにご無沙汰らしいGran Lussoさん、釣るなら今のうちですよ。

続きはこちら↓

GCさん先導で、ご自身命名の「オイカワ金脈」と呼ぶポイントにGran Lussoさんをご案内。
我々は川辺で見守ることにした。
170618_Y04

静かに川に降りてロッドを振り始めたとたん、ポツポツがザァーザァーに変わった。
オーマイガ〜ッド!
この雨脚ではもはや笑うしかありません。
ずぶ濡れの中、3人撤収して、車に向かって川沿いを歩き出すこと数分…、なんとみるみる雨脚が弱まった。
これならヤレるよGLさん!
すぐ横に下りて再開。(笑)

金脈には見劣りするものの上流の「銀脈ポイント」で一人果敢に、そして黙々とロッドを振るGLさん。
雨脚は強くなったり弱まったりでジャケットもびしょ濡れだが、今日は何か違う。
凛々しい!
そして遂にその時がきた。
170618_Y06_2

アタリを逃さずアワセを入れ、私の方に顔を向けて「掛かったよ!」
にっこりと、そして慎重にラインを手繰り寄せハンドランディング。
170618_Y07

ゆっくり浅瀬に横たえて撮影する姿を見ていて、私も喜びが込み上げてきた。
今日は渋かった。一週間前とは全然違った。そんな状況でやりましたね!
渾身のオイカワおめでとうございます。

170618_Y05

時合いも良さそうだし弱い霧雨になってきたので、先ほどの金脈に再トライをお勧めした。
トッキーさんも合流して、再開。
170618_Y08_2お二人して右岸寄りから左岸側まで、満遍なく探るがうんともすんとも…
どうした?金脈。
しかし、今日のGLさんは持ってる人。
またもやオイカワゲット、お見事でした。
しばらくご無沙汰しているととにかく釣りたい、せめて1尾でもと思うことがある。
そんなGran Lussoさんの思いがひしひしと伝わってきたオイカワFFだった。

これでめでたしメデタシとすれば良かった。

私もちょっとやってみよかのスケベ心で川に入ったのがいけなかった。
叩けど流せど、沈黙。
ほとんどアタリすらない…
あまりの釣れなさに、竿も折れよとばかりフォワードキャストしたら、本当にポキッ。
あああぁぁぁぁぁ…(≧∇≦)
終了。

川から上がったところで、GCさんが差し出してくれたのは四葉のクローバー。
これ、きっと良いことになるよってことですよね。
さて、この続編は後ほど!

四葉のクローバーになぐさめられました

四葉のクローバーになぐさめられました

2件のコメント

  1. numassan(さん)、おはようございます。
    改めまして、当日はありがとうございました。
    『パキッ』と乾いた音がした時は、何とも驚きました・・・。
    まさに、”あちゃ~・・・”、な状況でしたが、四つ葉のクローバーがせめてもの慰めになったのであれば・・・ (^^ゞ

    • Green Cherokeeさん
      あのパキッの時は、すぐそばにいらっしゃいましたよね。なんとも心臓に悪い音でしたぁ。
      愛竿の無残な状態。
      四葉のクローバーを見せていただいて、きっと良いことにしよう!って思いました。
      早速、BHさんに修理をお願いすると、なんと今回は無料でいいですよって。四葉のクローバー、きたぁって思いましたね。
      諭吉さんを覚悟していたので、この際BHさんのご好意に報いるべくZacco superfineを発注した次第です。
      キャストしやすく、実に良いロッドと思います。次回、是非振ってみてくださいね。

コメントを残す

必須欄は * がついています