スローフィッシング

【朝まづめ・夕まづめ 2 】

あのころ…1996年 Glacier740、680MG物語

| 10件のコメント

1982年に発売された255MGから14年後の1996年に680MGが誕生したが、その前年にリリースされたのがGlacier(グレイシア) 740だった。

Glacier 740

Glacier 740

1994年12月26日デザイン図面完
1995年春 Glacier 740国内発売

続きはこちら↓

Glacier 740は、鍛造アルミマシンカット製でディスクブレーキ搭載のリール。

設計者は、MGリールの上級機種を意図し、付加価値をつけるため、ディスクブレーキを搭載することにしたのだろうが…
低番手リールにはオーバースペックだし結果的に重くなった。

Glacier 740のディスクブレーキ

Glacier 740のディスクブレーキ

翌年1996カタログ掲載のGlacier 740

翌年1996カタログ掲載のGlacier 740

自重は118g。スプール外径74mm。
コストもそれなりにアップし、メーカー希望標準小売価格は¥32,750。これは厳しい。
価格は横に置いてももっと徹底軽量化すべきだった。
フライリールの双璧ORVIS & Hardyはブランディングが確立しており、それらのトラディショナルな魅力を凌駕するのはもはや…。
さらに安価な類似品も増え続けていた。
できればラージアーバタイプを開発すべきだった、コンセプトを誤ったと言う他ない。

国内向けのGlacier 740はやはり短命に終わった。
自分は実釣でもよく使用したものだが、残念ながらこのリールを使っているFFマンにお目にかかったことは一度も無い。
ディスクブレーキのお世話になることもなかった。
それにしても、このデザインを担当したことは、私個人としては極めて重要で、ありがたい経験となった。
以降、今日に至るまで続くリール開発の仕事では、全てマシンカット製なのだから。

Glacier740とヤマメ

Glacier740とヤマメ

Glacier740とイワナ

Glacier740とイワナ

<補足>
拙ブログをご覧いただいた方から、Glacier 740の左右巻き方向変更の仕方についてお問い合せをいただきましたので、取扱説明書から抜粋して掲載しておきます。

Glacier740_左右巻き方向変更の仕方

Glacier740_左右巻き方向変更の仕方

 

さて、開発は続いた。
既述の255MGリールが無事に金型寿命を終えた。人でも天寿を全うするのは素晴らしいことに違いないが、製品もそうであろう。
新しく型を起こすに際し、モデルチェンジすることになった。

私はデザイングループの中間管理職として、リール担当ではなかったが、New 255MGだけは何としても手がけたかった。
つまるところ職権乱用させてもらって参戦した(笑)
開発スピードはめちゃくちゃ早かった。
そりゃそうです。255MGを使い続けてスペックはバッチリ頭の中にあったし改良点も決めていた。
255MGのパーツ流用そして今度もマグネシウムダイカスト製造だ。

1995年末には680MGデザイン完了。
パッケージデザインも担当した。

680MG

255MGのラインローラー無し自重:66.2g、スプール外径:75mmに対し、
680MGの目標自重70g以下、スプール外径は68mm。(ネーミングの680はこの外径をさす)
255MG後期型で実証済みのセラミックラインローラーは共用するので、70gを切れば十分だろう。

1996年カタログ、255MGはに替わって680MG

1996年カタログ、255MGに替わって680MGが登場

ラインキャパはDT3F〜4Fの表示。この当時は#3以下での使用は眼中になかったw(笑)
ワンプッシュスプール脱着機構にシンプルなラチェットドラグ、私は低番手リールはこれで良いと思っている。

シンプルなラチェットドラグ機構

シンプルなラチェットドラグ機構

塗装処理も全面マットブラックにして、落ち着いた道具感を出した。表面処理も多少は向上した。
デザインについては、255MGをベースにブラッシュアップして完成度が上がったと自負している。
実釣での使用感も申し分ない。
実戦的で価格も手頃。
↑自画自賛でスミマセンm(__)m

1996年春、 国内発売開始。
思いが叶い255MGの後継ができた。
このリールは私の置き土産、集大成のつもりだった。
無事発売を見届けて、社販価格で一台購入した。パッケージごと欲しかったからだ。
そしてR社を退職し独立した。

時は流れて2014年11月。
パッケージに収まったまま長い眠りについていた680MGが実戦デビューした。
以前当ブログで投稿した『
numa Zacco Special & 680MG入魂釣行 in H川・T川_プロローグ
』だ。この日の感動は一生忘れない。
http://www.pica-jp.com/fishing/?p=517

それにしても、680MGは渓流のヤマメ・イワナからZacco FFまでのウルトラライトの釣りにぴったりで、ロッドとのバランスもすこぶる良い。
私はWF1Fラインにバッキングという仕様でZacco専用機として愛用している。

680MGとオイカワ

680MGとオイカワ

 

柳瀬川の婚姻色オイカワ

柳瀬川の婚姻色オイカワ

オイカワとの出会いがなかったら、ずっとパッケージに収まったままだったかもしれない。
EZFFの釣友の皆さんのおかげだと深く感謝しております。

さて、これで一区切りついた。
そろそろ釣りいきたいなぁ…

左から、680MG、Glacier 740、255MG

10件のコメント

  1. 先立っては色々と教えて頂きまして有難うございました。

    昨日、Glacier 740君が無事デビュー出来ました。
    いつもはボーズが多い私ですが、昨日はGlacier 740君に?
    お魚さん達が逢いに来てくれました。(ノ´∀`*)

    来シーズンも色々なシーンに付き合って頂こうと思います~♪

    • ☆まめさん
      Glacier 740デビュー&入魂達成、誠におめでとうございます。こういうお便りをいただけてとても嬉しく思います。
      秋の良い日に川遊び、とても愉しいひとときだったことでしょうね。
      来シーズンもたくさんのお魚さん達に出会えますよう!

  2. 先日は大変失礼いたしました。
    お陰様でデビュー出来そうです。
    ちょこっとメンテしてラインを交換して

    今からデビュー戦が楽しみです。
    有難うございました。

    • ☆まめさん
      コメントありがとうございます。
      今シーズンからフライを始められたとのこと、もうワクワク感120%のこととお察し申し上げます。
      秋は身近な川でオイカワやカワムツと遊んだり、管釣りでヤマメやニジを釣ったりと、爽やかで気持ちいいですよ。
      どっぷりはまっちゃうこと請け合いです。

  3. numassan(さん)、再び、こんばんは。
    以前からお話は伺っていましたが、ようやく詳細の経緯と『numassan(さん)の思い入れ』を理解できました。
    FFの道具はそれなりに揃ったので、もうこれ以上は・・・と思っていた私ですが、こんな素敵な記事を読んで、思わず私も欲しくなっちゃいました・・・ (^^ゞ

    • Green Cherokeeさん、こんばんは
      FFの道具はどこで、どんな風に釣りしたいかで増えていきました。当初は湖派でしたので、#6−#7ラインを使用しておりました。渓流では#3–#4、Zaccoになって#1−#2。それに伴ってロッドもリールもどんどん軽量化しました。
      ラインが新しくなるたびにリールも増殖(笑)
      実は昨日SA JストリームDTT DWF2Fラインを購入。これまでのDT2Fラインも予備で置いとくので別リールに巻くことに… こうして皆さん道具が増えるんじゃないでしょうか?(笑)
      もっと釣りたい、いいサイズを獲りたいと思うからはまり込んでいく無限地獄。
      こだわればキリがない〜♪

  4. 680MGもほしくなってきました…….

    • mattさん
      お読みいただき、ありがとうございました。mattさんはもうご自分のスタイルを確立されており、こだわりのアイテム選びはさすがだなと拝見しております。さらに言えば、既成概念にとらわれない→新しいモノを使いこなすのがmattさんの真骨頂。ラージアーバーの斬新なリールの方がお似合いかと思っています。
      しかしながら、680MGもほしくなってきました…….と言っていただくだけでうれしいです。m(__)m アリガトォ

  5. 早速のupですね(^^)
    最近の釣行は、255MGか680MGの
    いずれかを使用しており
    BHのZaccoとのバランスはぴったりで
    身体の一部と化しています(^^;

    numassan(さん)の集大成である680MG
    これからも大切に使って行きたいと思います。

    • NORIさん
      長い話におつきあいいただき、また、255MG、680MGを可愛がっていただき誠にありがとうございます ^_−☆
      Zacco FFをやり始めて#1や#2ラインを使うことが多くなりました。今や大好きな小渓流などもこれで充分愉しいと思えます。このFFでのリールは所詮ラインの収納器と言ってしまえばそれまでですが、ロッドとのバランスが良くて気分がいいモノの方が愛着が湧くのは当然のこと。
      各人各様の楽しみ方を拝見するのもこれまた面白い。こうした趣味の道具を考えカタチにして、長く使うことができる自分は全く幸せ者だと思います。

コメントを残す

必須欄は * がついています