スローフィッシング

【朝まづめ・夕まづめ 2 】

1986_Ashinoko FF_by S

あのころ…1986年

| 4件のコメント

1986_Ashinoko FF_by S

モノクロームの一枚の写真。
写ルンです全盛のこの頃、あえてクオリティにこだわって撮ってくれた。
1986年(たぶん)の私、33歳。
芦ノ湖 湖尻のキャンプ場前のシャローでウェーディングしているところを友人のS氏に撮影してもらったものだ…もう30年以上も昔のことになってしまった。
続きはこちら↓

 

その5年くらい前からフライフィッシング(以下、FF)を始めて、ほとんど湖通いだった。

初めてトラウトとコンタクトしたのは12月の雪降る本栖湖。
ロッドはフェンウィック ボロンXに#6WFラインだったと思う。
ホワイトのマラブーリーチをキャスト後、カウントダウンしてからラインをたぐっているとモゾモゾ、ゴソゴソと手応え…藻に絡んだ??
それがサカナのバイトとは知らず、どうしていいか分からないでいると、ドーンとデカイのが15m先で跳ねて、ラインはふっと軽くなり終わった。
最初で最後の本栖ブラウントラウトだった。
Beginner’s Luck!
アワセるということをまだ知らなかった(爆笑)

その後はもっぱら芦ノ湖通い。
大してでかくもないニジマスを釣っていた。
冒頭の一枚はそのころの芦ノ湖での写真。
学生時代の仲間達と幼い長女を連れてキャンプ場で寛ぎ、コーヒーを飲み、娘の面倒は妻に託して私一人がロッドを振った。
その時間帯、サカナは回って来ず釣れなかった。

この写真を撮ってくれたS氏は、写真の専門学校を出ただけあって釣行写真に意欲を示し、これ以降FFにハマることとなった。
彼はとりわけ渓流が好きで、その頃から渓流に関心が移っていた私は、何度も一緒に釣行した。
特に印象に残るのは伊豆の川でアマゴを釣ったことだ。

二人で渓流への思いを膨らませていた矢先、あの忌まわしい交通事故で突如帰らぬ人となった。
涙がとめどなく流れた。
この写真を撮ってくれた翌年の夏の出来事。

デジカメなど無い時代、彼がプリントしてくれた貴重なこの一枚は額に入れ、事務所のデスク横にずっと掛かっている。

4件のコメント

  1. numassan(さん)、こんにちは。
    本当に素敵な一枚ですね。ご友人のお話は以前少し伺ったことがありますが、こんなエピソードが隠されていたとは・・・、まさに、一生の宝物ですね。
    改めまして、ご友人のご冥福をお祈り致します。
    そして、ご友人の分も含める気持ちで、今後もたくさんの魚と触れ合いましょう!!

    • Green Cherokeeさん
      デジカメもない、ブログもなかった時代、残っている釣行写真は多くないですよね。それだけに一枚一枚に想い出が凝縮されている感があります。この冒頭写真の他にも彼は数枚の家族友人写真も撮ってくれました。ありがたいことです。
      彼の分も愉しんで、沢山の魚との出合いを大切にしていきたいと思います。

  2. お久しぶりです。
    良い写真ですね。
    亡くなわれた方を思うと、胸が痛みますね。
    十数年前に、釣友を亡くしたときも、釣りを教えてくてた親父も去年他界しときも、癒してくれたのは釣魚たちでした。

    • kumaさん
      ありがとうございます。遠い昔のことになりましたが、釣りを続けて良かったなと思う今日この頃です。もしも彼が生きてたら私の人生も今とは違うことになっていたでしょうが、人生とはそういうものでしょうね。

コメントを残す

必須欄は * がついています