スローフィッシング

【朝まづめ・夕まづめ 2 】

160724_nyuin15

壊れた右手

| 14件のコメント

160724_nyuin15

渓流沿いの道でガードレールに衝突するという事故を起こした。
割れたCubのミラーに映したのは自分の右手だ。骨が4本折れたり欠けている。
小指裂傷骨折と薬指関節部骨折で骨が少し欠け、右の肋骨1本と鎖骨がポッキリ。
入院生活は17日に及び、その後は傷口の消毒と包帯を巻き替えで週2回通院中。
夏の貴重な時間を失った。
が、ゆっくり休養できたのは有り難いとも思う。
事の顛末を書いておく、備忘録として。

続きはこちら↓

<バイク事故当日の昼>
7月24日昼頃
Cubで柳瀬川へ向かった。先着の釣友Green Cherokeeさんうおさんはもうお愉しみ中だ。
この付近は近頃お気に入り。
160724_01

青空に水面がキラキラして、底石も洗われてピカピカだ。
160724_03
160724_02

サカナの反応も高く、韋駄天オイカワも釣れて13時半頃に3人気分良く川から上がった。
この時点でGCさんは所用あり、お別れした。
その後、うおさんと渓流に向かった。

<バイク事故>
15時50分、夕まづめ狙いでとある渓流沿いの舗装道をカブで登っている時に事故が起きた。
左急カーブを曲がり切れず膨らんでガードレールに衝突。
右腕を激しく打撲、反動でセンターライン側へ投げ出された。
起き上がろうとしても、右の肩から腕にかけてジーンと痺れて身体が動かない。
同行のうおさんがヌマっさん!と呼ぶ声が聞こえた。
汗がダラダラと流れ、アスファルトに接した左のほっぺたが気持ちイイ…。
蟬しぐれが耳いっぱいに広がり、上目遣いに薄雲のかかる青空が映っていた。
ジーンとして変に気持ちいいなぁ…
死ぬってこういうことなのかなぁ…
そして意識が落ちた。

誰かが私の背後から身体を支えつつ、路肩に引きずってくれた。大丈夫ですか〜の声に意識が戻った。以後、意識はハッキリした。

上半身を支えてくれているのは青いポロシャツの男性、声をかけてくれたのは眼鏡をかけた女性だった。
とてもしっかりした声で落ち着けた。青シャツの彼が右手のグローブを外して、裂けた小指と薬指に包帯を巻いてくれた。後で知ったがこの方々は地元の介護職員さんで、仕事帰りに山を下って来られたそうで、私にとってはなんとも幸運な出会いであった。

地元警察署の交通捜査の方が先ず到着。
続いて消防車が到着。
3人の隊員さんに囲まれて質問を受けた。
さらに40分後に救急車が到着。

救急搬送にて、M病院に収容されたのは19時。

直ちに小指を縫合してもらったが、鎖骨ポッキリの手術は2日後らしい。
意識はハッキリしているが、右手はむくみ痺れており、痛みはさほど無いが自由がきかない。

小指縫合治療中に廊下で妻と息子、うおさんが話しているのが聞こえてきた。笑い声も混じってる、なんかホッとした。

未熟なバイク運転ゆえの自爆事故。バイクは右ミラーがひび割れ、ハンドル周りが歪んだのと、後部BOXに擦り傷がある程度で走行支障はなさそう。
私の身体も下半身は奇跡的に軽い擦り傷程度。
頭部打撲も無し。
登りのカーブでスピードも落ちていたのが良かったのか、不幸中の幸い的な損傷レベルだった。

同行のうおさんには本当に助けられた。事故現場から救急搬送された後、山から下り再びタクシーで現場に戻って、私のCubを最寄り駅の駐車場まで走行させて一旦施錠。後日、電車でその駅に向かい、拙宅まで走行して届けて下さった。さらには、割れたミラーの交換までやっていただくという徹底ぶり。
お陰様で破損がほとんど無い我が愛車は自宅にちゃんと保管されているのだ。もう、ただただ頭が下がる処置に感謝の言葉も無い。
一人だったらどうなっていたことか、彼がいれば安心なのは妻も認めるところ、本当にありがとうございました。

<人生初の入院スタート>
救急搬送され、小指裂傷の縫合が済み病室に移送された。
取り敢えずひと段落。
うおさん、妻と息子も帰宅した。

一人、病室のベッドに座った。
左手には点滴。
160724_nyuin05

着ていた釣り用パーカーは脱いでTシャツでいたがズボンはそのままで膝や足首のあたりが破れていた。
友人や仕事上の関係者にメールで状況をお知らせして、しばしのご迷惑をお詫びした。
160724_nyuin04
21時に院内は消灯されベッドに横たわると速攻で眠りに落ちた。

<入院3日目 手術>
7月26日(火)3日目
午後の2時過ぎから手術だった。
手術室に運ばれて、全身麻酔の後手術された。
手術箇所は、
右鎖骨に金属プレートを渡してネジ止め(5カ所)、右肋骨の一番上の骨折は自然治癒に任せるらしい。
右手小指の部分骨折は自然治癒任せ、薬指付け根骨折部には針金を2本入れて固定された。
手術は約2時間半くらいだろうか?
病室に戻ってやっと意識も回復した。じっとしていると傷の痛みは無い。痛み止め薬はこの後も飲み続けている。
160724_nyuin06

家族や多くの友人が見舞って下さり、励ましてくださった。
とりわけベッドで飲んだ冷えたノンアルは美味しく、気持ちをときほぐしてくれた。
(本数が増えて見つかり叱られたが、笑)

病院の屋上はお気に入りの場所。夏雲いいね!

病院の屋上はお気に入りの場所。夏雲いいね!

入院10日に手術部位のX線撮影。
順調に回復しているようだ。

右の鎖骨、5本のボルトで固定されている。

右の鎖骨、5本のボルトで固定されている。

右手薬指の骨折部、2本の針金で固定されている

右手薬指の骨折部、2本の針金で固定されている

病院屋上から眺めた空。

実に美しいグラデーションじゃないか!

実に美しいグラデーションじゃないか!

夕方の通り雨の後、横田基地上空には虹がくっきり。

夕方の通り雨の後、横田基地上空には虹がくっきり。

病院食はすべて完食。おいしくいただきました

病院食はすべて完食。おいしくいただきました

<入院13日目に抜糸>
右手の腫れ痺れもかなり治まってきたところで抜糸。
あっけなく終わった。ほっ!

ずっと単調で平穏な毎日だった。
ニュースといえば、東京都知事選挙で小池新知事が誕生したこと。
天皇陛下のお気持ち表明。
8/6にリオオリンピックがスタートしたことだろう。
これらのニュースはベッドサイドのテレビで見た。

<8月9日(火)17日目に退院>
退院してゆっくりと日常を取り戻そうと思ったが、あいにく盆休みに突入。
さらに休養の日々は続いたのだった。

振り返って、思う。
事故状況やその後の経過を考えても、実に運が良かった、周りの方々に助けていただいたなと思う。
とりわけ、うおさんにはお世話になりっぱなしだし、事故直後に通りかかった介護職員さんの迅速な対応は誠に有り難かった。
搬送された救急病院でも気持ちいい処置をしていただいた。

貴重な時間を失ったが、それを上回る貴重な経験をさせていただいたと感謝している。

いい歳なんだから…
バイクはもう止めたら…
いろんな忠言をいただいた。
ありがたいことだ。

大好きな釣り、とりわけ渓流釣りは危険も常に付きまとうがまだまだ止めるわけにはいかない。
しかし今後は一層慎重に行動する必要はあると反省。
家族や関係者の皆様にはご迷惑をかけ過ぎた。
さらにスローフィッシングを心がけよう。
釣りはライフワーク、私から釣りを取ったら何も残らんから。

14件のコメント

  1. ご無沙汰しており、事故の事は存じ上げませんでした。
    大変でしたね。私もモトクロスもやっていてオフロードバイクが大好きでしたが、
    結婚を期に手放しました。いつ命をおとしてもおかしくないとおもったからです。
    バイクが悪いわけではありませんが、やはりリスクがあることを重々理解しておかないととんでも無い事になります。
    お仲間のみなさんはバイクでの釣りを楽しまれているようですね。
    どうか皆さんおきを付けてほしいと願っています。
    一時も早い回復を願っています。

    • ジョニーさん
      ありがとうございます。
      私も長女誕生を機に釣り目的でのバイクを諦めてジムニーを購入しました。以来ずっと車利用でした。昨年、近場での機動力としてのバイクを再認識して再利用に踏み切りましたが、今回痛い目にあった次第です。
      私の知人は還暦過ぎて渓流釣りを止めました。渓流そのものも危険と隣り合わせ、磯釣りや鮎釣りでも死亡する危険性をはらんでいます。まったく自然相手の遊びは油断すると命取りですね。
      バイクは自己管理で対処できる部分も多く少しでもリスクを減らして長く楽しめるようにと反省しております。
      それにしても歳には勝てませんね。

  2. numassanさん
    こんにちは!

    本当に大変でしたね。。。
    不幸中の幸いにホッとしておりますが。。。
    今後ともお気をつけてくださいm(__)m

    ゆっくりリハビリを経て、また竿を振ってらっしゃるnumassanさんにお会いできる日を楽しみにしております。

    お怪我の方はもちろん、まだまだ暑さが続くことと思われますので、お体、お心、大切になさってください。

    • ヤマメ愛さん
      コメントありがとうございます。
      長い人生、まったくいろんなことがあります。この程度ですんで良かったと思うべきでしょうね。
      退院後も小指の裂傷快復が長引き、思うようにモノが握れません。ロッドを持てないのです。
      まいったなぁ…
      焦っても仕方ないのでゆっくりリハビリに励むしかないですね。
      今度帰省される折にはもうご一緒できるハズ、また愉しい生活の模様を聴かせて下さい。

  3. お久しぶりです。
    大変な夏だったのですね。
    これから、辛いリハビリもあると思いますが、あせらず頑張って下さい。

    • kumaさん
      コメントありがとうございます。
      大好きな釣りができず、おかげさまで連日リオオリンピックのテレビ観戦を楽しむ日々です。こんなにオリンピック競技を見たのは前回の東京大会以来です。(笑)
      早くZacco FFのリハビリがしたいです。
      医師の話を聞いているとキャスティングの動作がリハビリには最適のようなので(笑)

  4.  退院おめでとうございます。
     僕は腰で3回、骨折1回そして内臓系で一回入院しています。
     内臓系は死ぬかもしれないかったと医者に言われました。
     入院は退屈ですが冷静に自分を振り返る良い機会と思っています。
     安全に関する仕事をしている関係でしょうか、事故の原因について考えてしまいます。
     バイク事故は高齢になってから乗り始めた方の死亡事故が意外に多いように思います。
     僕は無免許運転に始まり17歳で当時の自動二輪免許を警察の試験場で受験して高校生から乗り始めました。
     しかし、40代できっぱりと止めました。
     かなり飛ばしたし、リアを流したり技術を求める走行が大好きでした。
     家族を持つことは趣味より優先です。
     FBでもエラそうなことを言ってしまいましたが、年齢には勝てないのです。
     特に何台かで連ねて走ることは事故に会いたいと言っているようなものなのです。
     ご自分のペースで走ることができるでしょうか?若い経験が豊富な方の走行には無理をしないとついて行けなくなります。
     渓流にバイクは最高なのですができれば車が宜しいかと思います。
     この際ですから、カブ号は手放してはと。
     実は、僕の父は釣りに行く途中、バイク事故で死亡しています。
     他人ごとではないのです。
     釣友を亡くしたくありません。

    • jetpapaさん
      率直なご忠告、誠にありがとうございました。
      いちいちごもっとも。
      自分のペースで走る、確かにこれが一番難しい。
      もともと近場の川へのアクセス目的で購入したバイク、その快適さは申し分なし。
      どうしたもんじゃろの〜?

  5. 本当に心から、退院、順調な回復おめでとうございます。
    自分がよく知る峠道、当然あの急カーブがかなり危険なことも知っていながら事前にnumassanさんにそれを伝え回避できなかった事が悔やまれます。
    しかし、不幸中の幸いが重なり、また運良く救護の方々が居合わせ大怪我ですがこの程度で済んで本当に良かったと思います。
    また、バイクと釣りと続けられるとの言葉。涙が出るほど嬉しいです。
    改めて今後もよろしくお願いします。
    あえて、「おめでとうございます。」とここに書いておきます。

    • うおさん
      何から何までいっぱいお世話になり、心より感謝しております。
      一人だったらどうなっていたか、もうこの世にいないかも でした。
      ありがとうございました!
      9月に入れば、針金や包帯も取れて指も軽快になりそうです。先ずは身近な川でリハビリを兼ねてロッドを振ろうかと思っています。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

  6. こんばんは。ご無沙汰してます。
    たいへんでしたね。
    瞬間的な判断力とか、身体の反応とか若いころとは違うのかもしれませんね。
    渓流釣りは常に危険が伴うものですが、ある意味、道路上での交通事故でよかったのかもしれませんね。
    来シーズンの釣りを夢見て、今シーズンはとにかく治療に専念してください。

    • windknotさん、こんにちは。
      あーあ、やっちゃいましたぁ。
      この程度で助かってありがたいと思っています。
      釣りの時は誰でもウキウキ、ソワソワの心理状態になって判断力も鈍りがち。落ち着かないといけませんね。
      暑い8月ですが、毎日リオオリンピックの競技を観戦したりフライを巻いたりして過ごしています。
      金属プレートで固定した鎖骨の具合は慣れてきましたが、小指裂傷は長引いています。
      ロッド握る上でも小指って重要ですよね、改めて実感しています。

  7. 無事退院されたのですね(^^)

    釣りもバイクも危険が付き物と
    いう事を自分も再認識します(^^;;

    良くなりましたらまた、ご一緒させてください

    • NORIさん
      ありがとうございます、17日間の入院生活でした。
      暑い夏を避暑地でのんびり過ごしたと考えれば、それはそれで良い休養だったのかもしれません。後は左手指が使えるようになれば、リハビリZacco FFをしようと考えています。また、ご一緒に楽しみたいものです!

コメントを残す

必須欄は * がついています