スローフィッシング

【朝まづめ・夕まづめ 2 】

160717_U04

黄昏時の極夏オイカワ

| 2件のコメント

かなり遅くなってやっと到着した。
仲間の皆さんは散在しているがもう終盤モード。

流れの対岸で一人頑張っているのはGreen Cherokeeさん(以下、GCさん)。

160717_U00

ウェーディングして流れを受けながらゆっくり徒渉していると、GCさんがネットで掬い上げた。
極夏オイカワがヒットしたようだ。
逆光ながら満面の笑顔が見える。GCさんはここが居心地よさげだ。
お邪魔してごめんなさい。
徒渉地点の下流にそのまま入れさせていただいた。

続きはこちら↓

GCさんと同様にウェットを流し込むとやがてゴツンと重いアタリが。
竿を立て、撓りを楽しみつつラインをゆっくりたぐる。
コイツはハスだ!
ネットに手をやろうとしたその時、ふっとテンションが消えた…
今シーズンの初ハスがまたも遠くに去っていった。
160717_U01

 

気を取り直して上流に向かう。
途中でNORIさんにお会いしたので、一緒にいかがですか?
NORIさんとは柳瀬川で冬場にオイカワ釣りをご一緒して以来だ。

二人並んでシャローに着くともう誰もいない。
ポツポツとライズしているのはオイカワだろう。
浅場では産卵行動が続いているようだ、背びれを出して水しぶきをあげている個体も散見できる。
ハスだろうか。
NORIさんと左右に分かれてオイカワのライズ方向に向かった。
いるいる、Vividな極夏オイカワが派手なスプラッシュライズを見せた。

今日はもうハスは釣れる気がしなかった。
できれば極夏オイカワを、それも19オーバーが釣りたい。

ドライフライに結び替えて右岸寄りのゆったりした流れに打ち込むとパシャッ。
着水と同時にパシャッ。
フライへの反応はかなり良い。
スイッチON状態だ。
最初に挨拶に来てくれたヤツはここでは小型のオイカワだった。

数投後には1尾目の極夏、17cm。
160717_U02

160717_U06

好反応の流れに2尾目の極夏。
17cmで体高あり。
160717_U07_17

流れ出しに移動して…
160717_U09
160717_U10
瀬脇から3連発目の極夏、17.5cm。
手応えで18オーバーと思ったが届かず…
今シーズンは18cmが大きな壁、どうしても越えられない。

160717_U11

NORIさんがゆっくり移動してこられたので、状況をお伺いすると左岸側はイマイチとのこと。
それではとさっそくポイントに入っていただいたが、後が続かなかったようだ。
NORIさん、上がりますか!

陽もすっかり傾いてきたようだ。
はるか向こうに皆さんが集まっているのが垣間見えた。
今回も最後まで粘る釣りをしちゃったな、さぁNORIさん行きましょうか。

2件のコメント

  1. あの短時間で良型をこれだけ釣っていたのですね!!

    今度は、ホームリバーでご一緒いたしましょう(^^)

    • NORIさん
      コメントありがとうございます。
      柳瀬で1度きりご一緒しただけなのに何故か懐かしいような親近感があります。NORIさんのお人柄のせいでしょうね。柳瀬でも極夏オイカワはちょこちょこ釣れてます。
      是非ご一緒ください。

コメントを残す

必須欄は * がついています